尿漏れとは?

年齢とともに尿漏れをしてしまうということがあります。これは、おしっこをしたいわけではないけれど、笑ったり、くしゃみをした時などに、緩んでしまって出てしまうということです。筋力が弱まってしまっていることもありますし、年齢が40歳以上であったり、出産を経験された方、肥満気味である、ダイエットで極端に痩せた方、便秘しやすい方、運動する経験があまりない方、これらに当てはまる方というのは、比較的尿漏れしやすい傾向があります。 もし、尿漏れが気になるという場合には、対処法としてはナプキンのようなものを下着にあてるという方法があります。これは、簡単な方法ですし、尿の量に合わせてタイプを選んでいくこともできます。 しかし、これでおさまらないというときには、パンツタイプのものを使うことをおすすめします。洗濯をすればまた使えるという意味ではとてもエコですし、また、おむつのようにモコモコしたりしていないので、見た目としてもとてもスマートでばれませんので安心です。 こういった尿のトラブルがあることで、外出を控えたくなってしまう方もいるかもしれません。しかし、それで行動を制限してしまうというのはとてももったいないことです。 元気で明るく生活するために、対処法はたくさんありますので、まずは出来ることから始めてみると良いでしょう。 また、特定の筋肉を鍛えるということで、改善されることもありますので、エクササイズをしてみるのも良いでしょう。

関連情報

デリケートゾーンの黒ずみは形成外科手術で治せますので、コンプレックスに感じている人は治療をする選択肢もあります。

尿漏れの対処法とは?

尿漏れに悩む人は多く、加齢により、筋力が衰えてくると、ひょっとした事で漏れたり、排尿がとまらなくなるという事もあります。また、出産後にも似たような症状が起こりやすくなり、20代で尿漏れをしてしまいショックを受ける人もいます。 この、尿漏れの大きな原因は、骨盤底筋が弱まる事です。加齢によっても筋力が衰えますし、産後は骨盤が開いた状態ですので、ゆるみやすくなります。 骨盤底筋は、意識する事で鍛える事が出来ます。簡単なトレーニングとしてはまず、仰向けに寝て足を肩の幅に開き、両膝を立ててゆっくりと陰部に力を入れて引き締めます。15秒くらいたったら、緩めてリラックスし、この締める緩めるの動作を繰り返します。あきらめていた症状も、このような簡単な運動で改善することがあるので、ぜひお勧めです。 トレーニングと並行して有効な対策は、投薬です。この症状は出産した女性に多くみられることから、女性専門の泌尿器外来も増えてきました。病院の薬に頼りたくない人には、市販のサプリメントもあります。最近はカボチャのタネから作られたサプリメントも、注目を集めています。 症状が落ち着くまでは、下着に取り付けるライナーを活用するのもお勧めです。下着が濡れるのを防いでくれるので、ムレて陰部がカブレる事もありませんし、臭いも防いでくれるので、周囲にばれることなく過ごせると好評です。 このように、対策の方法はたくさんありますので、活用すると良いでしょう。